FC2ブログ
2020/02/24(月)
『飛騨高山旅行 ~3日目後編:新穂高ロープウェイ~』
旦那と、2泊3日の飛騨高山旅行。
3日目、最終日。
3日目前編20/02/24 『飛騨高山旅行 ~3日目前編:孫九郎の外風呂~』の記事を読んでみてね♪)の続き~。

旅の最後は、孫九郎から車を20分ほど走らせたところにある『新穂高ロープウェイ』へ。
ふもとにある新穂高温泉駅から、第1ロープウェイ・第2ロープウェイを乗り継いで、山頂展望台のある西穂高口駅に到着。



山頂展望台は、360度の大パノラマ!
雲一つない青空に、白い雪が積もった山々のコントラストが本当に美しかった!



写真奥に写っている山脈は、岐阜県・富山県・石川県・福井県にまたがる白山連峰。
あんな遠くまでキレイに見えるんだ~!って感激した。


写真だと360度の大パノラマのすごさが全然伝わらないので、動画を。
それにしても、動画の撮り方がひどい!旦那に「なんやこれ!」って言われた。笑



ふもとから乗って来たゴンドラは、日本唯一の2階建て。
外から見ると2階建てカッコいいなぁ!って思うけど、乗ってる時はまったく分かんない。笑
ただ、2階建てって重そうで、重さに耐えきれずポトンと落ちないかは心配になる・・・。

今年の夏で開業50周年を迎えるそうで(おめでとうございまーす♪)、この2階建てゴンドラもリニューアルされるとのこと。
このレトロなゴンドラに乗れるのは今年の夏までです。正直、写真映えするのはこの今までのタイプだと思うー。

1~3月の冬季の間だけ見ることができる、千国園地の雪の回廊。
一面に降り積もる雪が通路に沿って除雪され、繰り返すたびにだんだん高い壁が出来て、それがやがて全長240mに及ぶ「回廊」になるとのこと。


旦那の後ろ姿をパチリ☆ミ
でもここだと雪の高さは腰の位置だね。高いとこだと、自分の身長よりも断然高かった~。

2泊3日の旅行もこれでおしまい。
楽しかったなぁ~。孫九郎にまた泊まりたいので、再度の飛騨高山旅行、アリです!(・∀・)

【追記】(2020.05.01)
この旅行に行った週の真ん中あたりから、新型コロナウイルスの感染が全国に広がりはじめ、そんな中で旅行を決行しました。
今考えると、これがギリギリだったなぁ。行けて良かったし、無事に感染することなく帰って来れて良かった。
国内にとどまらず海外など、安心安全に旅行に行けるようになるのは一体いつになるんだろう。
早くコロナが収束しますように・・・。

飛騨高山旅行 ~1日目前編:高山ラーメンと高山陣屋~
飛騨高山旅行 ~1日目中編:古い町並みと7蔵のん兵衛まつり~
飛騨高山旅行 ~1日目後編:高山名物を食す~
飛騨高山旅行 ~2日目前編:雪の白川郷~
飛騨高山旅行 ~2日目中編:元湯 孫九郎~
飛騨高山旅行 ~2日目後編:孫九郎の夜ご飯~
飛騨高山旅行 ~3日目前編:孫九郎の外風呂~

■新穂高ロープウェイ
 〒506-1421 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高
 TEL:0578-89-2252
 http://shinhotaka-ropeway.jp/

2020/02/24(月)
『飛騨高山旅行 ~3日目前編:孫九郎の外風呂~』
旦那と、2泊3日の飛騨高山旅行。
3日目、最終日。

朝食前に外風呂へ。

外風呂に行くには、館内から外履きに履き替えて、ごくごくたまに車が通るらしい狭い道を渡ります。

こちらが外風呂の入口。

入口を入って、渡り廊下を歩いた一番奥に女性外風呂があります。

ちなみに入口入ってすぐ左側に貸切りの家族露天風呂があり、そちらは昨日運良く空いていたので入れました~。20/02/23 『飛騨高山旅行 ~2日目中編:元湯 孫九郎~』の記事を読んでみてね♪)

外風呂の一角にある脱衣所からすぐに入れる、なか風呂。
目の前の開けっ放しになっている扉の外には、広々とした庭園の露天風呂が!!!

浴槽にちゃぽんと浸かって、写真をパチリ☆ミ
ここまでは誰もいなかったので写真が撮れたんだけどね、露天風呂は人がいらっしゃったので無理でした。

もう!ここの露天風呂が素晴らしい!!!こんなに感動で胸がいっぱいになったお風呂は初めて!!!
朝のすがすがしい空気に、周りのキレイな山々、雪景色・・・。はぁ、溜息しか出ない・・・。
とにかく、とても素晴らしかったです。あぁ、なんという語彙力の無さよ・・・。

部屋に戻って朝食の時間までの間、窓際のデイベットに寝転がって、窓の外を眺めつつ、しばし休憩。
雲一つない青空で、観光するにはもってこいの一日になりそう。




朝食~。
炉端風遠赤ガスで、焼鮭と朴葉味噌!やっと、高山の郷土料理、朴葉味噌とご対面~!
自家製の味噌にネギなどの薬味、椎茸などの山菜・茸をからめたものを朴の葉に載せて焼き、ご飯に載せていただきます。
うちは母上が岐阜出身なこともあり、子供の頃は朴葉味噌をよく食べてました~。懐かしい味♪
そして、孫九郎の源泉で炊いたお粥さん。なんかホッとする~。残念ながらお粥さんはお替わりできないそう。これとは別の白ご飯はいくらでもお替わりOKでした!ご馳走さまでした(^人^)

朝食の後は、お散歩へ。

昨晩行った、青だる。
夜はライトアップで幻想的でしたが、日が出ている時間は透き通るような青白さが美しいです。

そして、朝市。福地温泉、唯一のお土産が購入できる店舗。

お土産を見るのはもちろんなんだけど、店内の天井や壁のいたるところに、昭和のポスター、ブロマイド、レコードジャケット、雑誌の切り抜きなどが所狭しと貼られていて、それを見て回るのがおもしろかった!こんなお土産屋さん、見たことない!
ピンクレディーとかキャンディーズとか、するめよりもちょっと上の世代の方の方が、より楽しめそうでした。

3記事に渡って孫九郎のことを書いちゃったけど、今まで各地を旅行して泊まった中でも一番素敵な旅館でした!
温泉が売りなだけあって、お風呂は外風呂、内風呂、どのお風呂も最高に素敵だったし、温泉リビングなどくつろげる空間にも癒されました!
また絶対に泊まりに行きたいと思います(◡‿◡*)

3日目後編に続く~。

飛騨高山旅行 ~1日目前編:高山ラーメンと高山陣屋~
飛騨高山旅行 ~1日目中編:古い町並みと7蔵のん兵衛まつり~
飛騨高山旅行 ~1日目後編:高山名物を食す~
飛騨高山旅行 ~2日目前編:雪の白川郷~
飛騨高山旅行 ~2日目中編:元湯 孫九郎~
飛騨高山旅行 ~2日目後編:孫九郎の夜ご飯~

■元湯 孫九郎
 〒506-1434 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地1005
 TEL:0578-89-2231
 https://magokuro.com/

■福地温泉朝市
 〒506-1434 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地110
 TEL:0578-89-3600
 https://www.okuhida-asaichi.jp/

2020/02/23(日)
『飛騨高山旅行 ~2日目後編:孫九郎の夜ご飯~』
旦那と、2泊3日の飛騨高山旅行。
2日目中編20/02/23 『飛騨高山旅行 ~2日目中編:元湯 孫九郎~』の記事を読んでみてね♪)の続き~。

露天風呂もゆっくり入って、音泉リビングParagonも満喫したけれど、まだ夕食まで時間があったので外へ出てみた。
福地温泉は、城崎や道後みたいに賑やかな感じではなく、山の静寂に包まれた温泉街。
夕食前のこの時間は、誰一人外を歩いてなくて、その静寂さが心地いい。



宿から10分くらい歩いたところにあった青だる。
岩から滴り落ちる水が凍りついて、青い水の帯のように見える現象のことを青だるって言うんだって。
ライトアップされてて、とっても幻想的だった。

今回泊まっているお宿『元湯 孫九郎』。

さてさて、いよいよお待ちかねの夕食~♪
お食事処となっている大広間でいただきます。
昔は部屋食に憧れたけど、今はこういうとこで食べる方が変に気を使う必要もなくていいな、って思う。


◆(右)ひだの「こもどうふ」、梅甘露、湯葉きのこ旨煮、錦糸卵、菜の花、柿ゆべし、梅人参

◆川魚(マス)塩焼き

目の前の炉端風の遠赤ガスで、お魚やきやき。焼いた直後のお魚は皮が香ばしくってほんと美味しい。


◆(左)孫九郎の定番小鉢 こごみごまあえ
◆(右)大ます・河フグ(なまず)のお造り



ここにも日本酒の飲み比べセットがあった!
するめは、昨日ののん兵衛祭り20/02/22 『飛騨高山旅行 ~1日目中編:古い町並みと7蔵のん兵衛まつり~』の記事を読んでみてね♪)でお気に入りになった平瀬酒造の久寿玉が入っているセットの方を。
久寿玉、甘口しかないと思ってたけど、やや辛口バージョンもあるんだ!でも、これも本当に美味しかった♪
ヤバいくらいに平瀬酒造のファンになってしまった。お取り寄せしようかな( *´艸`)


◆(左)飛騨そば
◆(右)かぶら蒸し


◆(左)エビイモの唐揚げ
◆(右)自家製あぶらえ(エゴマ)みその手づくり五平もち

エビイモ、ホクホクだし、ほどよい塩加減に日本酒が進むし、イモ好きにはもってこいのおつまみ!
イモ嫌いな旦那が、旦那の分もくれたので、更にラッキー☆ミ
岐阜といえば、五平もちのイメージもあるな。こちらもちょうどよい甘さで、求めてたのこれ!これ!ってなりました。


◆(左)A5等級 飛騨牛温泉しゃぶしゃぶ
◆(右)ご飯、お味噌汁、お漬物、デザート

飛騨牛、あっという間に口の中で溶けてなくなった!もうちょっと食べたいような、でもこの枚数だから後を引く美味しいさなのか。
すべてキレイに完食!お腹パンパンになりました~!美味しかったです。ご馳走さまでした(^人^)

夕食の後は内風呂に入りに行ったけど、内風呂も源泉100%の本物の温泉で、飲泉もできたよ。
内風呂の浴場の内装は木がメインになっていて、暖かみがあってキレイで雰囲気がよくって、これまたほっこり癒されました。

お風呂の後は、またしても音泉リビングParagon20/02/23 『飛騨高山旅行 ~2日目中編:元湯 孫九郎~』の記事を読んでみてね♪)に寄ってのんびりしました~。

3日目に続く~。

飛騨高山旅行 ~1日目前編:高山ラーメンと高山陣屋~
飛騨高山旅行 ~1日目中編:古い町並みと7蔵のん兵衛まつり~
飛騨高山旅行 ~1日目後編:高山名物を食す~
飛騨高山旅行 ~2日目前編:雪の白川郷~
飛騨高山旅行 ~2日目中編:元湯 孫九郎~

■元湯 孫九郎
 〒506-1434 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地1005
 TEL:0578-89-2231
 https://magokuro.com/

2020/02/23(日)
『飛騨高山旅行 ~2日目中編:元湯 孫九郎~』
旦那と、2泊3日の飛騨高山旅行。
2日目前編20/02/23 『飛騨高山旅行 ~2日目前編:雪の白川郷~』の記事を読んでみてね♪)の続き~。

白川郷を堪能した後は、本日のお宿がある奥飛騨温泉郷に向けてGo!



昨日の晩から降り始めた雪にみんな油断していたのか、途中立ち往生している車や、慌ててチェーンを付けている車がいっぱいいました。
うちらは四駆でスタッドレスを履いてるフォレスターなので、超余裕~♪
でも、こんな時しか使うチャンスがないので、初めてSNOW・DIRTモードを起動させたよ。すいすい~。
普段あんまり見かけないけど、奥飛騨ではすれ違う車のフォレスター率、スバル率が高かったなぁ。



本日のお宿『元湯 孫九郎』に到着!
チェックイン後、入口横にある囲炉裏で、梅昆布茶とおしぼりのお出迎えサービス。ホッと一息。



お部屋はこちら。
4年前に大規模リノベーションを経てリニューアルオープンしたお部屋で、オシャレで広くて気持ちいい~!



窓際のデイベット。ここに寝そべりながら、外の景色を眺めるのが何とも言えず癒される。すぐ上にエアコンが付いてるのも冬は寒くなくていいね。
洗面台も広くて物がいっぱい置けて、使い勝手が良かったです。トイレ付き、お風呂はないけど大浴場に入りにいくから問題なし。

早速、外風呂に入りに行ったよ。
運よく貸切りの家族露天風呂が空いていたので、そちらへ。

これこれ!雪見風呂!最高~!(≧▽≦)
お湯の温度もちょうど良く、いつまでも入っていられる感じ。
特に時間制限もないんだけど、「30分ほどを目安に」との貼り紙がありました。
こんな素敵な貸切り露天風呂、みんなで仲良く使わないとね。

露天風呂の後は、館内施設の音泉リビングParagonへ。



メインのスピーカーParagonとマッキントッシュ社の真空管アンプ。
Paragonとは、アメリカJBL社のフラッグシップモデルとして、1957~1983年の26年間で約1000台が制作されたJBL社を代表するスピーカーの名称で、すべての行程を手作業で行ったハンドメイド品のため、最後の木工職人の引退に伴い生産が中止された幻のスピーカーなんだって。

写真だと伝わらないけど、本棚やソファ、テーブルなどがある広いリビングで、インテリアも木の優しいぬくもりが伝わってくる飛騨の家具が配置されていて、とても落ち着く空間。

ジャズなど素敵な音楽が身体の奥に心地よく響いて、ソファに寝転がりながらまったり。まさに至福の空間だった!
目をつぶって音楽に聴き入ったり、置いてある本に手を伸ばしたり、昔懐かしいパズルゲームをしたり。うちら、多分1時間以上はここの部屋でくつろいでたと思う。
ほんと素敵なお宿です♪

2日目後編に続く~。

飛騨高山旅行 ~1日目前編:高山ラーメンと高山陣屋~
飛騨高山旅行 ~1日目中編:古い町並みと7蔵のん兵衛まつり~
飛騨高山旅行 ~1日目後編:高山名物を食す~
飛騨高山旅行 ~2日目前編:雪の白川郷~

■元湯 孫九郎
 〒506-1434 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地1005
 TEL:0578-89-2231
 https://magokuro.com/

2020/02/23(日)
『飛騨高山旅行 ~2日目前編:雪の白川郷~』
旦那と、2泊3日の飛騨高山旅行。
2日目。

泊まったホテルは素泊まりプランだったので、朝ご飯を食べに外へ。

JR高山駅。
今年は暖冬と言われていたけど、朝から大雪。雪、降ってほしいなぁ~と思っていたので、念願叶った!



高山駅前の『グリニッジ珈琲店』でモーニング。
タレントの清水ミチコさんのお父さんがオーナーをされている喫茶店です。
アンティーク調の昔懐かしい感じの店内。うちら以外は常連さんで、ママさんと常連さんとの会話がアットホームでホッとする空間でした。

ハムトーストとジャムバタートーストを旦那とワケワケ。
ジャムバター、超シンプルだけど、こういうのがやたらと美味しいんだよねぇ。コーヒーもとても美味しかったです!
ご馳走さまでした(^人^)



朝ご飯の後は、宮川朝市へ。
雪で見えにくいけど、宮川沿いに朝市のテントが連なっています。日本四大朝市の一つなんだって。
ゆっくり食べ歩きなんかもしたかったけど、寒くて寒くて・・・。お土産用の日本酒だけ購入して、早々と退散しました。



高山市内から1時間ほど車を走らせて『白川郷』へ。
合掌造りの家々。世界遺産にも登録されています。

合掌造りの建物の一つ『茶屋 忠兵衛』でお昼ご飯。

飛騨牛の朴葉焼き定食が美味しそうだったけど、量が多くて夜ご飯が食べられなくなりそうだったので、山菜そばにしました。
思ったよりも山菜がたくさん入っていて、食べ応えありました。


庄川にかかるであい橋。
駐車場から、この橋を渡ると合掌造りのメインストリートに入れます。

時間があれば、合掌造りのカフェでお茶もしたかったなぁ。

最後に展望台から写真をパチリ☆ミ

白川郷の雪の風景を一度観てみたかったので念願叶いました。
ライトアップした幻想的な写真を撮りたかったけど、それは暗くなるまで待たないといけないので断念。

昨日までは一切雪も積もっていなかったようなので、雪景色が観れただけでも大満足でした(^ー^)

2日目中編に続く~。

飛騨高山旅行 ~1日目前編:高山ラーメンと高山陣屋~
飛騨高山旅行 ~1日目中編:古い町並みと7蔵のん兵衛まつり~
飛騨高山旅行 ~1日目後編:高山名物を食す~

■グリニッジ珈琲店
 〒506-0026 岐阜県高山市花里町6-61
 TEL:0577-32-0092
 https://tabelog.com/gifu/A2104/A210401/21000782/

■宮川朝市
 https://gifumatic.com/2017/11/column-1094/

■白川郷観光協会
 〒501-5627 岐阜県大野郡白川村荻町1086 白川郷バスターミナル内
 TEL:05769-6-1013
 https://shirakawa-go.gr.jp/

■茶屋 忠兵衛
 〒501-5627 岐阜県大野郡白川村荻町3065
 TEL:05769-6-1435
 https://retty.me/area/PRE21/ARE306/SUB38304/100000745722/